458 児童心理学 4単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数141
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.向社会的行動とその発達にかかわる要因について述べなさい。

    2.自己概念の形成過程について述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童心理学 458
    4単位目
    講評:どちらも要点を押さえ、よくまとめられています。
    1.向社会的行動とその発達にかかわる要因について述べなさい。
    マッセンらは、向社会的行動を「外的な報酬を期待することなく、他人や他の集団を助けようとしたり、それらの人々のためになることをしようとする行為」と定義している。具体的には、①小さな親切行動、②社会的弱者に対する援助行動、③迷子や遺失物に対する援助行動、④努力を必要とする援助行動、⑤緊急事態における援助行動、⑥分与行動、⑦寄付・奉仕活動のような行動をいう。
     向社会的行動が行われるには、まず、他者が援助を必要としていることを知り(気づき)、他者の要求や気持ちをみきわめ(意志決定)、自分のすべき行動を判断して実行する(実行)という3つの段階がある。また、実行に移す動機として、「共感(他者の情緒的反応を認知して、その情緒的状態を共有すること)」「役割取得の能力(相手の立場に立って相手の感情、要求、考え、役割などを予想して状況をとらえる能力)」が関与している。
     向社会的行動は、子どもの認知的発達に応じて周囲のおとなや同年輩の仲間との相互作ン語から影響..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。