752 初等図画工作科教育法 2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数364
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.テキスト内の「図画工作科の内容と構成」(第2章 第2節)について、[共通事項]を中心に、1000字程度に大意要約せよ。

    2.テキスト内の「図画工作科の評価」(第4章)を読み、「5 評価の観点と評価基準の作成」の内の「(1)評価の観点とその趣旨」の①~⑤までを800字程度に大意要約し、200字程度で教育評価の必要性についての私見を述べよ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    初等図画工作科教育法 752
    2単位目
    講評 : 相応の内容と評価します。図工に於いては、各人各様の完成を認め合うところから他者を理解し慮るということ、即ち寛容の精神を培いたいところです。
    1.テキスト内の「図画工作科の内容と構成」(第2章 第2節)について、[共通事項]を中
    心に、1000字程度に大意要約せよ。
     「カリキュラム」という言葉は学校教育以外でも、計画的な教育内容という意味で広く使われ、「教育課程」は主に学校教育で使われる。教育課程はカリキュラムの一つの形態といえる。カリキュラムには「何のために、どんな内容を、どのようにして学習するのか、そして、それがねらい通りに行われたのか」という、目標・内容・方法・評価の4つの観点が必要とされる。教科別学習指導要領での「第1」が「目標」に、「第2」が「内容」に、「第3」が「方法」に相当する。「評価」は指導要録にて示されている。
     「第2」は各学年の目標と、「A表現」「B鑑賞」から成る領域内容、そして[共通事項]に区分されている。[共通事項]は「事項」とされるが、領域と分離したものではなく、「第2」の表現と鑑賞との学習活動を通して育むべ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。