マーケティング論 ①マーケティングの意義とマーケティング機能の優位性②マーケティング・コンセプトの意義と基本的要素③不確実性とリスク管理について④マーケティング批判と企業責任

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,260
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    マーケティング論

    資料紹介

    No1
    (1) マーケティングの意義
     アメリカマーケティング協会の標準的定義によると、マーケティングとは「生産者から消費者あるいは使用者まで財貨やサービスの流通を方向付ける経営諸活動の遂行である」と規定されている。
     重要なことはマーケティングプロセスが製品の生産以前から始まることである。すなわち製品は技術者によってのみ設計されるものではない。また、価格も会計部によってのみ決定されるものでない。さらに最終販売で終わるものでもない。顧客の反復購入を期待できるよう満足させねばならない。かくして製品の設計、価格決定及びアフターサービスなども広くマーケティングに包括される。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    No1
    マーケティングの意義
     アメリカマーケティング協会の標準的定義によると、マーケティングとは「生産者から消費者あるいは使用者まで財貨やサービスの流通を方向付ける経営諸活動の遂行である」と規定されている。
     重要なことはマーケティングプロセスが製品の生産以前から始まることである。すなわち製品は技術者によってのみ設計されるものではない。また、価格も会計部によってのみ決定されるものでない。さらに最終販売で終わるものでもない。顧客の反復購入を期待できるよう満足させねばならない。かくして製品の設計、価格決定及びアフターサービスなども広くマーケティングに包括される。
    マーケティング機能の優位性
     マーケティング機能に関する伝統的なものとして、①購買②販売③輸送④保管⑤金融⑥危険負担⑦標準化⑧市場情報の8つの機能がもちいられている。
     マーケティング意思決定者はこうしたマーケティング機能を企業目的に効果的に働きかけるためにこれらの組み合わせを検討する。この最適組み合わせを、マーケティング・ミックスと呼んでいる。
    No3
    マーケティング・コンセプトの意義
     マーケティング・コンセプトとは、マーケ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。