生産管理 ①経営計画と経営行動の関連性②分業化の利点と欠点③差立について④流れ作業において中間ストックを設ける理由について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数319
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    生産管理

    資料紹介

    No1
    (1) 経営計画
     経営活動が変化する経済および社会環境と調和を保ちながら、企業が成長・発展するために、必要な利潤の獲得、ならびに社会的責任を果たすためのポリシーを決定し、そのポリシーを実現するための具体的ないくつかの計画をいう。
    (2) 経営活動
     製造企業は、経済・社会・政治の変化と技術の進歩に即応しながら、「将来の発展目標と期待する利益額」を決定するのであるが、そのために各種の調査を行い、計画を立てる。その主要なものは長期計画・利益計画および需要予測である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    No1
    経営計画
     経営活動が変化する経済および社会環境と調和を保ちながら、企業が成長・発展するために、必要な利潤の獲得、ならびに社会的責任を果たすためのポリシーを決定し、そのポリシーを実現するための具体的ないくつかの計画をいう。
    経営活動
     製造企業は、経済・社会・政治の変化と技術の進歩に即応しながら、「将来の発展目標と期待する利益額」を決定するのであるが、そのために各種の調査を行い、計画を立てる。その主要なものは長期計画・利益計画および需要予測である。
    関連性
     これらの経営計画によって、経営活動が具体的に開始されるのであるが、経営行動は計画の流れとは逆順序になる。
     すなわち、意思決定に基づいて計画された資本を調達し、この資本が生産手段の調達活動において、生産及びその他の活動に必要な有形財や無形財にへんかんされ、生産活動でこれらを用いて製品を作り、そして販売活動において製品が需要に応じて分配され、再び資本に変換される。
     製造企業は一般に、生産手段の調達活動・生産活動・販売活動の循環過程において利益を獲得しているのである。
    No5
    分業化の利点
    ①作業を細分して狭い範囲の仕事を受..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。