経営管理論 ①経営管理の対象は何か②経営管理論における行動科学的アプローチとは③人間関係論は何を主張したのか④いくつかの経営管理の目的について⑤意思決定の諸段階について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数546
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    経営管理論

    資料紹介

    No1.経営管理の対象は何か、
    経営は3つの基本的構造をなしている。
     物から構成される技術的組織(設備・機械・工具・原材料)と資本から構成される経済的組織(資金・製品・市場)と人から構成される社会的組織である。この場合、経営が行われるということは、この社会的組織が主体となってある目的を構成するために客体である技術的組織と経済的組織に対して働きかけて財務・生産・販売の諸活動を遂行するのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    No1.経営管理の対象は何か、
    経営は3つの基本的構造をなしている。
     物から構成される技術的組織(設備・機械・工具・原材料)と資本から構成される経済的組織(資金・製品・市場)と人から構成される社会的組織である。この場合、経営が行われるということは、この社会的組織が主体となってある目的を構成するために客体である技術的組織と経済的組織に対して働きかけて財務・生産・販売の諸活動を遂行するのである。
     そこで、この社会的組織である組織体がその経営活動を有効にかつ効率的に遂行するために、計画、組織、指揮、調整、統制という管理職能を発揮するのである。
     したがって、経営管理は経営の中核にあるこの社会的組織体を直接の対象としている。この場合、技術的組織と経済的組織は経営管理が働きかける間接的な対象である。
    No3.経営管理論における行動科学的アプローチとは
     行動科学的アプローチとは、伝統的・古典的アプローチに比較して、現実に生きている人間が現実の生の組織のなかで行動する際のその態様に重点をおくアプローチである。
    その基本的な姿勢は演たく的であるよりもむしろ帰納的な方法による実証的研究にあり、生き..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。