中小企業経営論 ①それぞれの企業の定義(中小企業・小規模事業者・中堅企業)②賃金の体系(基本給・諸手当・割増給)③次の各部門についての職務内容(総務部門・人事部門・経営企画部門・経理部門・営業部門)④会計本来の利用目的について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数325
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    中小企業経営論

    資料紹介

    No13 それぞれの企業の定義
    a. 中小企業
    中小企業の定義(範囲)は、業種、従業員規模、資本金規模によって次のように定められている。
    ① 製造業、建設業、運輸業の場合
    従業員規模が300人以下か、資本金規模が3億円以下のいずれかを満たしてればよい。
    ② 卸売業の場合
    従業員規模が100人以下か、資本金規模が1億円以下のいずれかを満たしてればよい。
    ③ 小売業の場合
    従業員規模が50人以下か、資本金規模が5千万円以下のいずれかを満たしてればよい。
    ④ サービス業の場合
    従業員規模が100人以下か、資本金規模が5千万円以下のいずれかを満たしてればよい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    No13 それぞれの企業の定義
    中小企業
    中小企業の定義(範囲)は、業種、従業員規模、資本金規模によって次のように定められている。
    製造業、建設業、運輸業の場合
    従業員規模が300人以下か、資本金規模が3億円以下のいずれかを満たしてればよい。
    卸売業の場合
    従業員規模が100人以下か、資本金規模が1億円以下のいずれかを満たしてればよい。
    小売業の場合
    従業員規模が50人以下か、資本金規模が5千万円以下のいずれかを満たしてればよい。
    サービス業の場合
    従業員規模が100人以下か、資本金規模が5千万円以下のいずれかを満たしてればよい。
    小規模事業者
    中小企業のうち、一般に零細企業といわれる事業者である。
    常時使用する従業員の数が20人以下の事業者
    商業または、サービス業に属する事業を主たる事業として営む場合は、従業員が5人以下の事業者 
    中堅企業
    中小企業の範囲を超えているが、まだ大企業の粋に達していない域の規模の企業をいう。
    大企業の関係会社ではなく資本面も、人的面も独立性を保っている。
    店頭公開や第2部上場で証券市場から資金調達を図ることが可能な規模に達している。
    独自の技術力やノウハ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。