中小企業経営論 ①予算制度導入により経営内容がどのように改善されるか②経営破綻による関係者の被害(主観的ロス)のそれぞれについて③事業活動を個人で行う場合と、法人で行う場合にわけ、以下の事項(不動産の賃貸借契約・営業取引口座・社会保険の加入・営業免許)についてのメリット・デメリット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数636
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    中小企業経営論

    資料紹介

    No.7 予算制度導入の意義と予算制度導入により経営内容がどのように改善されるか
    a. 予算制度導入の意義
    経営における目標とは、予算や企業の経営方針、長・中期の経営計画などがあげられるが、予算制度とは、これらの目標を達成するための予算を科学的に編成し、実績と比較しながら経営活動をコントロールして、好ましい成果を挙げるための制度である。
    また経営における成果とは、毎期継続して確実に適正利益が獲得できることと資金繰りが改善・安定し、常に余裕があることのいずれの条件も満たすことである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    No.7 予算制度導入の意義と予算制度導入により経営内容がどのように改善されるか
    予算制度導入の意義
    経営における目標とは、予算や企業の経営方針、長・中期の経営計画などがあげられるが、予算制度とは、これらの目標を達成するための予算を科学的に編成し、実績と比較しながら経営活動をコントロールして、好ましい成果を挙げるための制度である。
    また経営における成果とは、毎期継続して確実に適正利益が獲得できることと資金繰りが改善・安定し、常に余裕があることのいずれの条件も満たすことである。
    純利益
    予算制度導入によって、企業にどれだけの利益が必要なのかが確実に判明する。そしてその利益が計上できるようになり、その利益や富(純利益率)が大きくなり、純利益率が以下のように改善される。
    純利益率が高くなる。
    純利益率が常に一定水準を保つ。
    純利益率の獲得が安定する。
    資金繰り
    予算制度導入によって、資金の流れが精密に読めるようになり、また、季節的な金需要も計画化されるので、資金繰りが以下のように改善される。
    流動資産の方が流動負債より多くなる。ずなわち、流動比率が高い
    運転資金が十分となり資金繰りが安定する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。