中小企業経営論 ①独立・創業する際の検討項目②就業規則の絶対的必要事項のそれぞれ③企業内教育訓練について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数95
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    中小企業経営論

    資料紹介

    NO.1 独立・創業する際の次の検討項目を3つ選んで説明を加えてください。
    a. 収益源について
     事業というものは、自己の商品や製品、あるいは技術やサービスを消費者に、またはそれを必要とする需要家に提供し、その代価を受取ることによって維持され発展するものである。よって、消費者あるいは需要家に受け入れられる商品や製品あるいは技術やサービスなどを有しているかどうかを考えることが必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NO.1 独立・創業する際の次の検討項目を3つ選んで説明を加えてください。
    収益源について
     事業というものは、自己の商品や製品、あるいは技術やサービスを消費者に、またはそれを必要とする需要家に提供し、その代価を受取ることによって維持され発展するものである。よって、消費者あるいは需要家に受け入れられる商品や製品あるいは技術やサービスなどを有しているかどうかを考えることが必要である。
    事業の拠点について
    ① 拠点の確保
    独立・創業する事業にとって、どのような拠点が必要かどうか、その規模がどうかについてについて検討する
    立地条件
    立地条件とは、小売業に消費者が足を運んでくんでくれるのに適した場所であるかどうかということである。
    設備類について
     自動車、機械工具、事務用備品やOA機などは、何がどの程度必要かを考えて、リストを作る必要がある。
     事業を起こす際は、設備類の取得を極力抑え必要なものを最小限度に留めるべきである。
    資金について
    ①自己資本
    独立・創業する人の元手となる資金がいくらあるかということである。
    ②借入金
    独立・創業に要する資金の全額が自己資金であるのが理想的である。しか..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。