法学 ①社会の変化の中で法はどのような形で存在しているか②法と経済とは相互にどのように関係しあっているか③国家である団体の団体規則としての法の特有性と三重構造について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数154
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    法学

    資料紹介

    No2・社会の変化の中で法はどのような形で存在しているか説明せよ。
    法は社会の所産であるから、時代により、地域により社会が変われば法も変わる。
    (1) 原始的法と霊
     原始社会での経済生活は、多くを自然に依存するまったく不安定なものであった。この気まぐれな自然を動かす本源的な力として霊の存在を認め、生活の安定を計ろうとした。儀式がその重要な手段となり、これを主宰する司祭が生じ、様々の犯してはならないタブーが成立し、そこに宗教や儀式と入り混じった法の原型が誕生してくる。
    (2) 神てい法の誕生

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    No2・社会の変化の中で法はどのような形で存在しているか説明せよ。
    法は社会の所産であるから、時代により、地域により社会が変われば法も変わる。
    原始的法と霊
     原始社会での経済生活は、多くを自然に依存するまったく不安定なものであった。この気まぐれな自然を動かす本源的な力として霊の存在を認め、生活の安定を計ろうとした。儀式がその重要な手段となり、これを主宰する司祭が生じ、様々の犯してはならないタブーが成立し、そこに宗教や儀式と入り混じった法の原型が誕生してくる。
    神てい法の誕生
     霊の観念は、やがて人格的色彩を持った神の観念までに高められる。農業が開発され、人々は土地に定着し、共同の作業を必要とし、集団そのものを統合されて大きくなり、神供の形による経済力の集中も著しくなってくる。神の言葉を伝えて、権威によって人々を屈服させる宗教的首長が出現しやすいのである。神てい法の出現である。
    世俗法の出現
     神権的社会秩序は、まもなく文化の進展、とくに世俗的な武力の伸長・経済財の蓄積・倫理観の振興などによって弱められる。社会秩序の担い手は、宗教的な権威を伴うとしても、武力や財力や徳力に富んだ、より世..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。