文化交流論 ①商業の復活と技術的革新との関連②カルヴァンの宗教革命について③「絶対主義」とは何か④ナポレオンの情報ないしメディア戦略について⑤第一次世界大戦の展開について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数593
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    文化交流論

    資料紹介

    No.8 商業の復活と技術的革新との関連について説明しなさい
    ① 12・13世紀に西洋では技術革新がおこり、西洋中世社会に大きな変化をもたらすことになる。
    ② まず、エネルギーの利用に関するものでは、12世紀から13世紀にかけて水車による水力の利用の普及、12世紀後半における風車による風力の利用の普及、13世紀初頭における効率の良い挽具の完成による蓄力の利用の進歩である。
    ③ 水車は製鉄・製粉などに幅広く利用された。水車は製粉だけではなくて、排水などに利用され、やがて耕地の拡大につながっていった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    No.8 商業の復活と技術的革新との関連について説明しなさい
    12・13世紀に西洋では技術革新がおこり、西洋中世社会に大きな変化をもたらすことになる。
    まず、エネルギーの利用に関するものでは、12世紀から13世紀にかけて水車による水力の利用の普及、12世紀後半における風車による風力の利用の普及、13世紀初頭における効率の良い挽具の完成による蓄力の利用の進歩である。
    水車は製鉄・製粉などに幅広く利用された。水車は製粉だけではなくて、排水などに利用され、やがて耕地の拡大につながっていった。
    13世紀半ばに近代的な形の犂が普及し、農業生産力の向上を促した。
    海上交通に関するものとして、12世紀後半に羅針盤の利用が始まり、遠洋航行の可能性を拓いた。13世紀には、扱いやすい近代的な船尾舵が出現して、海上運送が飛躍的に容易になった。
    以上のような技術革新は人口増加と、農業生産力の向上を可能とし、農民の手元に恒常的な余剰生産物を生み出し、さらにそれを用いた恒常的な交易を出現させた。
    No.14 カルヴァンの宗教改革について論述しなさい
    宗教改革は、中世社会の頂点に依存するローマ教皇の威厳を否定し新し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。