心理学 ①記憶と忘却の過程について②誘導運動・接近-回避型コンフリクト・生産的思考・昇華・プレグナンツの原理・回避-回避型コンフリクト・刺激般化・退行について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,110
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    心理学記憶と忘却の過程

    資料紹介

    NO2.1・記憶と忘却の過程について解説しなさい。
    (1)記憶
    記憶は、「覚えること」、「覚えていること」、「思い出すこと」の三つの段階からなっており、それぞれ、記銘(符号化)、貯蔵、検索(再生)と呼ばれる。
    新しいことに注意を向けることによって記銘された初期段階の記憶(感覚記憶)は、必要に応じて情報を短時間貯蔵しておくための記憶システム(短期記憶)に記憶を移行させるが、リハーサル

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NO2.1・記憶と忘却の過程について解説しなさい。
    (1)記憶
    記憶は、「覚えること」、「覚えていること」、「思い出すこと」の三つの段階からなっており、それぞれ、記銘(符号化)、貯蔵、検索(再生)と呼ばれる。
    新しいことに注意を向けることによって記銘された初期段階の記憶(感覚記憶)は、必要に応じて情報を短時間貯蔵しておくための記憶システム(短期記憶)に記憶を移行させるが、リハーサルを行うことによって短期記憶に貯蔵された情報を長期にわたって覚えていられる記憶(長期記憶)に移し変えられる。そうして貯蔵された記憶を思い出すことを検索と呼ばれる。
    (2)忘却
     記憶が引き出せないことを忘却という。忘却には、符号化・貯蔵・検索の各段階に対応して、符号化の失敗、貯蔵からの散逸、検索の失敗の三つの可能性が考えられる。そのうち、検索の失敗(検索失敗説)が、忘却の主要な要因として挙げられることが多い。他の忘却の理論としては、減衰説、干渉説、抑圧説などがある。
    2・以下の用語それぞれを心理学的に説明しなさい。
    a誘導運動
     誘導運動とは、夜空に浮かぶ月は止まって見えていいはずなのに、その周囲にある雲が動く..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。