商学総論 ①我が国における流通機構の特質について②流通の有効性を判断する基準について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数497
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    商学総論

    資料紹介

    NO.8 わが国における流通機構の特質
    日本の流通機構は、主要先進資本主義国との貿易摩擦を契機として、国際的な批判の的となっている。批判の骨子としては、わが国の小売商業における零細性、過多性、生業性および卸売段階性がある。
    (1) 小売段階における特質
     わが国の小売商業は、零細性、過多性、生業製の3つの特徴がある。この3つの特徴の原因を指摘する次の見解は、①日本には零細な小売店舗が多数存在しており、しかも、その経営体質は生業的である。これらの結果、小売店舗の生産性は低くなる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NO.8 わが国における流通機構の特質
    日本の流通機構は、主要先進資本主義国との貿易摩擦を契機として、国際的な批判の的となっている。批判の骨子としては、わが国の小売商業における零細性、過多性、生業性および卸売段階性がある。
    小売段階における特質
     わが国の小売商業は、零細性、過多性、生業製の3つの特徴がある。この3つの特徴の原因を指摘する次の見解は、①日本には零細な小売店舗が多数存在しており、しかも、その経営体質は生業的である。これらの結果、小売店舗の生産性は低くなる。②生業的で零細な多数の店舗が政治的に結集して政府を動かし、大型店の発展を抑制する法律を施行させた。この政治運動によって大型店の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。