商学総論 ①ポジショニング戦略について②販売促進戦略におけるメッセージの伝達について③国内マーケティングと国際マーケティングの異同点の指摘、さらに国際市場細分化の類型について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数328
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    商学総論

    資料紹介

    NO.16 ポジショニング戦略
     消費者の心の中で自社製品と競合製品がどのように位置付けられているかを知ることはマーケティング戦略の展開に際して貴重な情報となる。製品の市場での成功は標的市場の顧客ニーズや競合製品と対比して自社製品が有利に位置づけられているかどうかであり、これをポジショニングという。
     一般的に、各企業の市場での相対的地位の評価は客観的な物理的特性(属性)を比較することからスタートする。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    NO.16 ポジショニング戦略
     消費者の心の中で自社製品と競合製品がどのように位置付けられているかを知ることはマーケティング戦略の展開に際して貴重な情報となる。製品の市場での成功は標的市場の顧客ニーズや競合製品と対比して自社製品が有利に位置づけられているかどうかであり、これをポジショニングという。
     一般的に、各企業の市場での相対的地位の評価は客観的な物理的特性(属性)を比較することからスタートする。ホテルの客観的特徴としては宿泊料金、部屋の大きさ、無料サービス等となるだろう。もし現在のライバル企業が以上の物理的属性のいづれかに関しても強力なポジションを占めていないなら、それらの属性を強調する新しいサービスを開発する機会が存在することになる。このようにポジショニング戦略の基本的目的は顧客の心の中に企業や製品の存在を刻み付けること、しかもトップ・オブ・マインドとして認識されることにある。
     ポジショニング戦略にアプローチする方法として以下の6つがある。
    属性によるポジショニング:顧客は製品を属性、特徴、効用の塊と解釈し、それゆえに製品を購買する。
    価格/品質によるポジショニング:製品の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。