生産管理 設題2・生産計画・生産統制について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数555
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    生産管理生産計画生産統制

    資料紹介

    〔1〕 経営計画・製造活動と生産計画との関連
     生産計画とは、「何を=生産品種」「いつ=生産時期」「どれだけ=生産数量」「どこで=生産場所」「いかに=生産方法」という五つの質問を生産の側面において計画する技術であると一般に言われているが、このうち、特に重要なのが「いつ、どれだけ」作るのかという生産数量・生産時期(納期)の決定である。
     しかし、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2
    経営計画・製造活動と生産計画との関連
     生産計画とは、「何を=生産品種」「いつ=生産時期」「どれだけ=生産数量」「どこで=生産場所」「いかに=生産方法」という五つの質問を生産の側面において計画する技術であると一般に言われているが、このうち、特に重要なのが「いつ、どれだけ」作るのかという生産数量・生産時期(納期)の決定である。
     しかし、これは単に「工場の製造活動を計画(合理的に)する」ということだけではなく、企業経営という面から要求される利益(最適利潤)の追求を意味するものであることを忘れてはならない。それゆえ、生産計画は必ず経営計画に直結するものでなければならない。
     生産計画の基礎になるのが経営計画であるが、生産計画はこの経営計画の中で決められた製品を、一定期間に、決められた数量を作るために、①どの程度の規模の工場、機械設備などが必要なのか、②原材料などの必要量及び手持量はどのくらい必要なのか、③労働力の質と量はどの程度必要なのか、すなわち、長期的な収益性と生産性を確保するための企業経営の目標の設定(戦略的決定)に基づいて、製品、品質、数量、価格、生産時期などが決定される。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。