生産管理 設題1・製造原価の原価引き下げの基本的な対策について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,173
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    生産管理

    資料紹介

    〔1〕 原価の概念
     すべての生産活動には費用の発生を伴うものである。この費用のことを原価という。
     原価はいくつかの要素、すなわち資源(投入要素)の種類によって構成されている。この原価を構成する要素を原価要素といっているが、これはいろいろな観点から分類することができる。
    〔2〕 原価の三要素の性質
    (1) 材料費の性質
     材料とは、生産に関連して直接、間接に消費される消費財をいい、その消費高を材料費という。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1
    原価の概念
     すべての生産活動には費用の発生を伴うものである。この費用のことを原価という。
     原価はいくつかの要素、すなわち資源(投入要素)の種類によって構成されている。この原価を構成する要素を原価要素といっているが、これはいろいろな観点から分類することができる。
    原価の三要素の性質
    材料費の性質
     材料とは、生産に関連して直接、間接に消費される消費財をいい、その消費高を材料費という。
    労務費の性質
     労務費とは、労働用役に対して支払われるものである。
    経費の性質
     経費とは、材料費と労務費以外の原価要素をさしている。その大部分は間接費である。まれに直接費となる経費(特許使用料・外注加工費)が発生する。
    原価の引き下げ
     原価の引下げには、製品の計画段階から生産段階に至る製品設計、使用材料、機械設備、生産方法など、各種の生産条件を積極的に改善するもの、すなわち、現在の原価水準それ自体を引き下げるという原価低減と、与えられた生産条件の下での生産能率の向上によるもの、すなわち、標準的生産諸条件の下で与えられた標準原価の水準を実際の生産活動において、その作業能率を標準に近づけて原価を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。