経営管理論 階層の分化、職能の分化、権限と責任の割り付けの3つの作用について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数578
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    経営管理論

    資料紹介

    〔1〕 階層の分化
    (1) 管理の限界
     階層の分化は原則的には「管理の限界」ないしは「監督の限界」の原則によって行われる。従って、この原則を理解することが重要である。
     1人の管理者が直接に指揮監督できる部下の数には一定の限界があり、ここから、単位組織の大きさが制限されることから、組織の横断的分割が行われ組織の階層が形成される。この横断的分割により、各管理者の職務の差別が生じ、また権限の階層が生じる。事実、いかなる経営組織も階層的な単位組織によって構成されているが、監督の「限界の原則」がこの単位組織の大きさを決定する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    階層の分化
    管理の限界
     階層の分化は原則的には「管理の限界」ないしは「監督の限界」の原則によって行われる。従って、この原則を理解することが重要である。
     1人の管理者が直接に指揮監督できる部下の数には一定の限界があり、ここから、単位組織の大きさが制限されることから、組織の横断的分割が行われ組織の階層が形成される。この横断的分割により、各管理者の職務の差別が生じ、また権限の階層が生じる。事実、いかなる経営組織も階層的な単位組織によって構成されているが、監督の「限界の原則」がこの単位組織の大きさを決定する。
    管理状況
     管理の限界は状況や条件によって左右されるから、むしろこの点を考察すべきである。特に①職務の性格と職務の内容②部下の能力・教育訓練の程度③スタッフの利用の程度④コミュニケーション手段の程度⑤成果・業績の測定・統制手段の程度、の管理状況が必要である。
    職能の分化
    目的職能の分化
     目的職能とは、経営目的の達成のために直接間接に必要な業務活動である。そのなかでも、直接的に必要なものが第一次目的職能であり、通常これは生産・販売・財務職能を指し、これを合目的にかつ能率的に遂行させる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。