日本文化論 設題2・近世の文学について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数244
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    文化文学江戸

    代表キーワード

    文学日本文化論

    資料紹介

    設題2.近世の文学について概説しなさい
    江戸時代の文学は、普通前期と後期に大別される。前者は1600年から1770年に至る、上方が文学の主たる生産地だった時期。後者は1770年から1867年までで、中心が将軍のひざもとである江戸に移った時期である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題2.近世の文学について概説しなさい
    江戸時代の文学は、普通前期と後期に大別される。前者は1600年から1770年に至る、上方が文学の主たる生産地だった時期。後者は1770年から1867年までで、中心が将軍のひざもとである江戸に移った時期である。
    韻文
    韻文とは、俳句、和歌、漢詩、連歌、連句、などのことで聴覚に一定の定まった形象を感覚させる一定の規則(韻律)に則って書き表された文である。散文に対していう。多く詩において用いられる。
    上方文化
     上方文化での代表的な韻文の作者は松尾芭蕉であった。
    江戸文化
    散文
    散文とは、小説や評論のように、5・7・5などの韻律や句法にとらわれずに書かれた文章..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。