英語読解 設題1・鎖国が後世に残した影響

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数263
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    設題1
     当時、日本は鎖国を行い西洋から孤立することを選択し、ヨーロッパ諸国の生活を劇的に変えてしまった産業革命による新しい発明を実際に使って耳にしていた知識を実践したのはその鎖国を解いた後であった。それまでは長崎のオランダ商館長が将軍に毎年提出される外国の報告書である「風説所」によってヨーロッパの新しい発展を知っていたが、

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題1
     当時、日本は鎖国を行い西洋から孤立することを選択し、ヨーロッパ諸国の生活を劇的に変えてしまった産業革命による新しい発明を実際に使って耳にしていた知識を実践したのはその鎖国を解いた後であった。それまでは長崎のオランダ商館長が将軍に毎年提出される外国の報告書である「風説所」によってヨーロッパの新しい発展を知っていたが、しかし、日本人は新しく発明されたものを実際に使うことによってこの知識を実行することはなかった。
    物質的な影響面
     従って、鎖国が後世に残した影響の物質的な面とは鎖国政策を撤廃した後、明治時代に日本人がヨーロッパに追いつこうとする、つらく骨の折れる作業を経て、最終的に日本が近代国家になったことである。
    精神的な影響面
     また、鎖国は精神的な面にも影響を与えた。それは鎖国政策によって日本人は他の人たちとは違うという島国根性という雰囲気を作り出してしまったことである。
    設題2
    和訳
     (日本語の説明では、)この薬は、当初はアメリカの製造所で調合されたのだが、日本人の体質に合わせるために修正されていると書かれていた。私はその人に(日本語の説明が)文字どうりに正しいかどうか尋..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。