体育科教育Ⅰ①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数311
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『運動が児童の発育・発達および健康や体力に及ぼす効果と逆効果について考察せよ。』
    評価 A
    子どもにとって適度な運動は、様々な効果を及ぼす。一つに、子どもにとって健康によい効果を及ぼすことだ。適度な運動は、代謝、内分泌、自律神経などの本来の働きを正常に保つ役割があることに加え、体に蓄えられた脂肪を分解することで肥満防止につながり、よくない生活習慣によって引き起こされる病気の予防に役立つ。また、爽快感を味わうことができ気分転換にもなり、不安感や抑うつ感の予防や改善などストレスをやわらげ、心の面の健康も保つことができる。さらに、新しい人間関係をつくる機会が増え、外交的になったり、社会性を獲得したりと、健康な性格の形成にも効果をもたらす。次に、適度な運動は身体の発育への効果がある。運動をすると、食欲が増すとともに、消化・吸収力が増し、熟睡をもたらす。よって十分な栄養摂取ができ、十分な睡眠の間に身体の発育が促進されるのである。また運動自体、夜間の成長ホルモンの分泌を促すことも、身体の発育・発達の促進に寄与している。三つに、適度な運動は子どもの脳の発達にも効果をもたらす。運動をすれば、脳の中の大..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。