地理学_課題2

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数226
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地理学(H06A)第2課題
    BRICsの一つであるインドについて、①1991年以降の経済政策および経済成長の推移を述べよ。②IT産業にみるアメリカ合衆国との結びつきを説明せよ。(両国の時差についても言及すること)③現在のインド社会経済が抱える問題点を述べよ。
    インド経済は、1990年のイラクのクウェート侵攻に伴う原油価格の高騰及び中東への海外出稼ぎ者による送金減少などの影響から、外貨準備が輸入の約2週間分まで減少するという深刻な国際収支危機に見舞われたことを契機として、経済体制の抜本的な改革および対外開放が始まった。経済改革の内容は、第1に、公共部門を優先する政策が撤回され、産業許認可制度がほぼ撤廃された。第2に、対外開放政策が推進された。具体的には、①貿易自由化が進められ、輸入関税率の大幅な引き下げが行われるとともに、2001年には輸入数量規制がほぼ全面的に撤廃された。②93年に変動為替相場制が導入され、94年8月には経常勘定の自由化が実現するなど、為替制度改革が進められた。③直接投資の自由化が進められ、2001年には経済特別区の設置が開始された。第3に、銀行改革や株式市場の対外開放..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。