相談援助の展開過程と相談援助の構造について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,896
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談援助の展開過程の流れの中で相談援助の構造について述べなさい。
     国際ソーシャルワーカー連盟による「ソーシャルワークの定義」の解説の中で「ソーシャルワークは、価値、理論、及び実践が相互に関連しあうシステムである」と述べている。
    相談援助は、この価値と理論と実践が一体となって行われるのもである。
    相談援助の展開過程に沿って見ていきたい。
    相談援助とは、個人、あるいは家族が、施設や在宅で社会生活を送る際、身体的、精神的、社会的要因によって、なんらかの生活問題を抱えている時、個人あるいは家族の力だけではその問題を解決できない場合に、ソーシャルワーカーが、問題の解決を支援するとともに、個人の社会的機能を高めるように援助する技術のことである。そしてその相談援助は「ラポールの形成」に始まり、ある程度信頼関係が形成されると、問題状況の「情報収集」が行われる。しかし、それはソーシャルワーカーが一方的に聞きだす方法ではなく、「クライエントとの共同作業」によって行われる。問題状況が把握されると、どの「ソーシャルワーク理論」を用いて援助をするかをソーシャルワーカーが決め根拠を持った実践として援助が行われ、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。