援助関係の形成プロセスに影響する要因について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,582
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    援助関係の形成プロセスに影響する要因について述べなさい。
     相談援助において、ソーシャルワーカーとクライエントとの関係は、相談援助の結果に非常に大きな影響を与える。そういう意味では、ソーシャルワーカーとクライエントが以下に信頼関係を形成するかと言うことが課題となる。では、援助関係の形成プロセスに影響する要因、信頼関係を形成するためのソーシャルワークの原則や技術についてみてみる。
     原則として、自己決定、個別性の尊重、非審判的態度、共感的理解、誠実な態度、秘密保持、真実性をあげる。これらの原則は、バイステックの7原則といわれるものである。
    一つ一つを見て行きたい。
     ①利用者を個人としてとらえる..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。