聖徳大学 解剖生理学 第2課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数280
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2.肝臓の構造を踏まえて、尿の生成過程について述べなさい。3.女性生殖器の構造を踏まえて、その周期的変化について説明しなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     ②腎臓は横隔膜の下で、腹膜腔の後ろに存在する裏腹膜臓器で、重さが約150gの空豆型をした左右一対の臓器である。内側中央のくぼみを腎門といい、ここから腎動脈、静脈、尿管が出入りしている。腎臓は丈夫な陣被膜で覆われていて、さらにその外には脂肪組織と結合組織があって腎臓を腹腔壁に固定して、腎臓を外部からの衝撃から保護している。肝臓は絶えず血液を濾過する必要があり、心拍出量の20~25%の血液を大動脈より直接分岐した腎動脈から供給されている。腎門から入った腎動脈は数本に分かれて、腎錐体の間を通って腎皮質へ向かう。皮質と髄質の間を弓状動脈となって走り、弓状動脈からさらに表面へむかっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。