聖徳大学 精神保健 第1課題第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数347
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    合格レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
    乳幼児期にいかに育てられたかは、その後の性格形成に大きな役割を果たす。最近の親子関係の一つの特徴は、核家族化、少子傾向の中での過保護・過干渉であると言える。親が子どもを甘やかし過ぎてもわがままで我慢ができない子に育ち、また放任し過ぎても何事に対しても無気力であったり、引きこもりがちな性格になりがちである。これは子どもの精神的自立を阻み、思春期における不登校の増加とも関連があると言える。一方、精神的に未熟な両親により、拒否放任された子どもの心の問題も大きな影響を与えている。これらの子どもは、対人関係の基本にかかわる障害を受け、反社会的行動を繰り返す場合がある。以上のように、子..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。