聖徳大学 特別活動の指導法 第二課題第一設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数382
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    特別活動の指導法聖徳大学

    資料紹介

    老人ホームとの交流によるボランティア活動を進める上で配慮すべきことはどのようなことですか。具体的に述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     ボランティア活動は、社会に存在する多様な課題(支援が必要な状況)に向け合い、その解決策を考え、それを実行し、検証し、その成果や課題を提言することで、よりよい社会作りに自らの意志で貢献するものである。したがって、「社会的課題にふれることを通して社会の現状を知り、社会性を養う機会が得られる」教育活動である。また、その過程で多様な他者と出会い、「他者とのかかわりを通して他社理解を深め、コミュニケーション能力を高める」学びでもある。この社会と他社との出会いから、自己の社会における位置を再確認し、「自己のありよう、生き方をみつめ、自己肯定感や自発性を養う」学びとなる。
    実際に老人ホームにおける交流などを行う際に配慮すべき点は、地域社会で集団的な活動でボランティアの教育的意義を把握しながら学びの過程を構成し、単なる体験至上主義に陥らないように配慮する必要がある。そうした中で自ら自分達の住む地域を、自分達の手で住みよいものにしていこうとする気持ちを育てることや自主的なボランティア活動でたくさんの人々との交流を通じて、信頼関係と好ましい人間関係を培う力を育つよう導くことが大切であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。