アイシン精機の多角化について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数410
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アイシン精機株式会社の多角化について
    (出所:アイシン精機公式ホームページより)
    目次
    はじめに
    文献のレビュー
    リサーチガイドライン
    データの分析(事業内容)
    アイシン精機株式会社
    アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
    アイシン開発株式会社
    株式会社アイシン・コラボ
    分析のまとめ
    終わりに
    参考文献
    授業について
    はじめに
    以前にグループの一人がアイシングループの企業説明会に参加し、アイシンが行っている多角化という戦略に興味があったのでこのテーマにした。
    アイシン精機株式会社は、大手自動車部品メーカー。トヨタ自動車系列だが、現在では海外メーカー、さらには日産自動車をはじめとする国内他社にも部品を供給している。一つの事業が大きくなった場合は分社化するという特徴があり、グループ会社は150社以上存在する。
    主な事業は自動車部品の開発と生産。ブレーキシステムや、大容量トランスミッション、エンジン関連、ドア周り部品、GPSカーナビゲーションなどを手がけている。今や当たり前の音声案内を行うボイスカーナビゲーションを世界で始めて世に送り出した。
    近年はトヨタグループの製品(自動車や自動織機の技術など..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。