高齢者虐待の現状と法制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,828
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    高齢者経済虐待心理介護身体人格支援性格施設

    代表キーワード

    経済

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    高齢者虐待とは、65歳以上の高齢者に対する「養護者(高齢者を現に養護する者)」及び「養護施設従事者」による次のような行為をいう。
    区分に分けると、①身体的虐待で、高齢者の身体に外傷が生じ、または、生じる恐れのある暴行を加えることである。②養護を著しく怠ることで、高齢者を衰弱させるような著しい減食、または長時間の放置、養護者以外の同居人による虐待行為の放置など、養護を著しく怠ることである。③心理的虐待で、高齢者に対する著しい暴言、または著しく拒絶的な対応、その他の高齢者に著しい心理的外傷を与える言動を行うことである。④性的虐待で、高齢者にわいせつな行為をすること、または高齢者をしてわいせつな行為..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。