介護保険制度におけるケアマネジメントの役割について述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,118
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    介護保険制度では、保険給付に際して、要介護認定とケアプランに基づくサービス利用を制度化した。ケアマネジメントという文言を使ってはいないが、在宅で保険給付を受けることにした利用者にとって、ケアプランの作成の支援とこれに基づくサービス利用支援は明らかにケアマネジメントの技術を活用するものである。
    介護保険の創設に当たって、高齢者介護のあり方が議論され、介護を必要とする高齢者も、そして介護を担う家族も、それぞれがそれなりに質の高い生活を営めるよう「介護」という行為などを社会的なサービスとして整備することが適当であること、そして、サービスの整備にあっては、在宅ケアを重視するものであることとの結論に至っ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。