日本大学通信制 経営学分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数477
ダウンロード数4
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    これまでの会社に関する法律は商法や有限会社法などによりバラバラに作られていたが、今回、平成17年に成立した「会社法」により一本化された。さらに、最近の社会経済情勢の変化に素早く対応できるように、会社についての各種の制度について

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    これまでの会社に関する法律は商法や有限会社法などによりバラバラに作られていたが、今回、平成17年に成立した「会社法」により一本化された。さらに、最近の社会経済情勢の変化に素早く対応できるように、会社についての各種の制度について、より柔軟にわかりやすく、抜本的かつ体系的な見直しがされた。その結果会社設立時の手続きが簡単になる、会社設立費用が少なくなるなど、起業しやすい環境になった。変更点を一つずつまとめていきます。「株式会社と有限会社の統合」会社法では、有限会社を株式会社に統合し、株式の譲渡制限をしている閉鎖的な株式会社については有限会社同様の緩やかな規律を認め、定款によって会社期間を自由に設計できるようにするなど、法規制を大幅に緩和した。これから新しく有限会社を作ることは不可能である。以前まであった有限会社法は廃止されたが、有限会社が強制的に廃止させられるわけではない。既存の有限会社は、株式会社に移行するか、いろいろな法律上の規定は株式会社のものが適用されるものの、「有限会社」という商号を使用して業務を続ける事ができる。株式会社には任期があるが、有限会社にはない、このような有限会社特有..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。