日本大学通信制 広告論分冊1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数452
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    広告は多様な相をもつ社会現象である。広告には批判側と擁護側の2種類が存在し、その中での広告批判者の多くは広告について、イメージの流布と生産性、それに伴うイメージ操作といったネガティブな側面を強調する場合が多い。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     広告は多様な相をもつ社会現象である。広告には批判側と擁護側の2種類が存在し、その中での広告批判者の多くは広告について、イメージの流布と生産性、それに伴うイメージ操作といったネガティブな側面を強調する場合が多い。このような見方には、消費者が広告誘導に対して弱いという前提がある。しかし私達は、イメージや言葉に積極的に働きかけ、意味を創造し、それを日常生活に練りこんでいく文化的行為の実践者である。
     まず、広告とは伝えることである。伝える事から本来の目的である「売る」事に繋がるのである。そして、伝えられた消費者は広告を通して学習するのである。伝えるといってもただ内容を伝えるだけではなく、内容を「コ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。