錯誤によって和解の効力はいかなる影響を受けるのかを論じなさい。合格レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数221
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2010年度 民法4 第4課題
    錯誤によって和解の効力はいかなる影響を受けるのかを論じなさい。 
    和解が成立した後に、合意と異なる真実が判明しても、和解の効果は失われないのが、和解契約の原則である(民法696条)。例えば、200万円の金銭債権について債務者は弁済したといい、債権者は弁済の事実がないと主張しているところから、和解によって100万円の弁済をするところに落ち着いたところ、後に弁済の証拠が出てきても、和解の効果は覆らないとされている。なぜなら和解の効果が覆ることになると和解制度は、制度として維持することができなくなるからである。なので、和解で定めた権利が最初から存在していなかったという..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。