EVA EVAに対する関心の高まり

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数9
閲覧数302
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    1.経営指標の変遷とEVA
    EVAとはEconomic Value Added(経済付加価値)の略であり、スター
    ン スチュワート社が考案した指標である。「企業価値創造」や「株主価値創
    造」といった言葉が企業の活動目的として掲げられる昨今の日本において、
    EVAは価値創造のための指標として注目されるようになってきている。こ
    こでは、まずEVAが注目されるようになった背景を、経営指標の変遷と併
    せて見ていくこととしよう。
    企業が重視する経営指標は、その企業が置かれている環境や時代背景に影
    響を受けるという側面が大きい。日本の場合、戦後の高度成長経済において
    「規模の拡大」が重視され、「売上高」や「利益」に注目する傾向が強かった。
    特に、利益の項目のなかでも、日本の経済が長らく銀行を中心とする間接金
    融に支えられていたこともあり、借入金の利子を支払った後の利益である経
    常利益が、経営指標として伝統的に重視されてきた。
    ところが時代が低成長経済に移行すると、規模を追求するよりも、いかに
    投資の「効率」を高めるかに関心が集まるようになった。そこで、投資効率
    3
    第1章 EVAに対する関心の高ま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。