教育方法学

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数403
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育部 Z1108教育方法学の合格済レポート。設題1『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『従来の知識伝達を重視した授業の設計と評価に対して主体的な学習を基本とする授業について設計と評価の特徴を比較し、その比較の視点毎にまとめて授業設計ならびに評価についての留意点を述べよ。』
     現在、日本の教育は、小学校や中学校、高校や大学など全ての学校に於いて大きな変化が起こっている。子どもたちはいろいろな性質や性格などを持っている一方で、学力や学習意欲の面においても様々なパターンを持った子どもたちがたくさん出てきている。
    さらに、現代の社会が「情報社会」とも、「生涯学習社会」ともいわれることからも理解できるように、子どもたちが様々な情報にアクセスする機会や、教育を受ける機会は、これまでのどの社会と比べても格段と広がっている。もはや、学校だけが教育の場ではない、という認識は、すでに現代人の認識として当然のこととなっている。教育は「受けさせられるもの」ではなくなり、それぞれのニーズに合った「選んで受けるもの」になりつつある。
    一方、そのような社会情勢にあっても、学校は学校としての機能を果たしているのであるが、社会情勢の変化に伴い、学校の在り方そのものは転換期を迎えたといえるだろう。教育方法..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。