教育社会学1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数270
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育部 Z1104教育社会学1の合格済レポート。設題1『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。』
     学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重視される社会」を示す言葉である。社会的地位とは職業的地位と重なる側面もあるが、具体的には文化的地位なども含んでいる。
     学歴社会に対しては、古くから様々な批判がなされてきた。就職・昇進や結婚と関係した大学間格差の存在や、学歴による差別に対する批判はその代表的なものである。「受験地獄」や「偏差値輪切り体制」などという言葉とともに用いられ、その人間が内面的にもつ「本来の資質」を考慮せずに、うわべの「勉強ができるかどうか」だけでその人間を評価する理不尽かつ非人間的な社会として語られることも少なくない。
    しかし、学歴社会はそれなりの必然性や合理性を有しているのも事実である。企業社会の下では、他者との競争による効率性・利潤の追求が行なわれる。雇用者が、より能力のある労働者を雇用する必要があるのは当然のことであり、その判断基準として学歴が用いられることは多い。なぜならば、試験や面接だけで「本来の資質」を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。