日大通信 民法Ⅰ【0131】2分冊 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数378
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 民法Ⅰ【0131】2分冊 合格レポート
    課題:「法律行為」という概念について説明し、その各要件となるものについて提示して説明しなさい。


    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 民法Ⅰ【0131】2分冊 合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    課題:「法律行為」という概念について説明し、その各要件となるものについて提示して説明しなさい。
    【本文ここから】
     はじめに
     市民社会では、自由主義という憲法理念の下に原則として自由に契約をすることが認められている。例えば、人と物あるいは人と人の関係において交換契約や売買契約、賃貸借契約など、社会には様々な契約の形態が存在する。しかし、契約は簡単に当事者間の約束だけで成立する反面、本質的な意味合いでは法的な拘束力をもつものであり、終局的には国家権力による法的拘束力を伴った法律行為となる。法律とは、要件と効果から成り一定の条件を満たせば一定の効果..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。