日大通信 民法Ⅰ【0131】1分冊 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数393
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 民法Ⅰ【0131】1分冊 合格レポート
    課題:「物」とは何かということと、「物」の典型的な存在としての動産と不動産とについての民法上の取り扱いの差異とその取扱い上の理由について論じなさい。


    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 民法Ⅰ【0131】1分冊 合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    課題:「物」とは何かということと、「物」の典型的な存在としての動産と不動産とについての民法上の取り扱いの差異とその取扱い上の理由について論じなさい。
    【本文ここから】
     はじめに
     私たちは、母体より出生した時点から人権を有することになる。ここでの人権とは日本国憲法下における生来的に有する人の権利であるが、人は自由思想の下に様々な活動をする反面で、成長するにつれ様々な社会的ルールに適合しなければならず、公法や私法がその役割を担っている。なかでも私法である民法は、市民社会のルールとして市民の暮らしを補充または市民間の利害を調整する機能をもち、先述の「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。