日大通信 中小企業論【0848】2分冊 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数448
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 中小企業論【0848】2分冊 合格レポート
    課題:中小企業経営における金融問題の基本点を整理し、金融問題解決・緩和への政策を論じなさい。


    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 中小企業論【0848】2分冊 合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    課題:中小企業経営における金融問題の基本点を整理し、金融問題解決・緩和への政策を論じなさい。
    【本文ここから】
    はじめに
    バブル景気と言われた1986年から91年における経済下において、中小企業の資産投資は積極的におこなわれたのだが、バブル崩壊後はこのような投資がかえって莫大な借財となった。こうした背景から、96年には銀行は貸し手としての責任を問われ、97年以降の銀行貸出は縮小していく。当時、山一證券の自主廃業なども世間に衝撃を与えた事に加え、急速に中小企業の資金繰りの苦しさは増大したのである。いよいよ98年には、金融機関全体の中小企業への融資..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。