日大通信 租税論【0744】1分冊 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数202
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 租税論【0744】1分冊 合格レポート
    課題:中立性の原則について説明せよ。

    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 租税論【0744】1分冊 合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    課題:中立性の原則について説明せよ。
    【本文ここから】
    ・はじめに 
    わが国の公債残高は年々確実に増加傾向を示し、平成23年度末での見込み残高は約668兆円に達する予定であり、これは国内税収の約16年分に相当する額である。また、本年6月末時点の国全体の借金残高が943兆8096億円となり、過去最高を更新したと財務省は発表した。財務省では、四半期ごとに公表しており、同年3月末より2.1%増えたという。 国の借金は、将来世代に大きな不安と負担を与える事実とともに国家の信頼を懸けた大きな問題へと発展している。そして、政治・経済的な激化の中、国内のみならず..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。