日大通信 税法【0173】2分冊 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数456
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 税法【0173】2分冊 合格レポート
    課題:源泉徴収制度の二元的法律関係を説明し、その問題点を指摘しなさい。

    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 税法【0173】2分冊 合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    課題:源泉徴収制度の二元的法律関係を説明し、その問題点を指摘しなさい。
    【本文ここから】
    はじめに 
    わが国におけるサラリーマンが主体となる個人所得税の平成21年度決算の税収額は、10兆4995億円となっており、租税税収全体に占める構成比は27.1%となっている。前年比では大幅に税収を減少させているが、財政上においては重要な位置を占めているといえる。このような、国家税収の基幹的な役割を有する個人所得税は源泉徴収制度からなるものであるが、今まで法律的な観点からは十分な解明がされていなかった。例えば、現行法では源泉徴収制度を国家税収の手段として租税徴収の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。