日大通信 税法【0173】1分冊 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数461
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 税法【0173】1分冊 合格レポート
    課題:租税法律主義の原則を説明し、その現代における法的機能を論じなさい。

    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 税法【0173】1分冊 合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    課題:租税法律主義の原則を説明し、その現代における法的機能を論じなさい。
    【本文ここから】
    第一章 租税法律主義の原則
     租税法律主義の原則とは、議会のみが課税権を有するという一つの法理である。そもそも国民は主権者として課税権を有しているが、実のところ国民の代表機関である議会が国民に代わり課税権を行使しているにすぎない。即ち、議会は法律を制定するという形でその課税権を行使しているのである。さらに分かりやすく説明すれば、租税法律主義の下では国民は議会の制定する法律規定以上の納税義務を負わないということである。反面で、いかに国家の微税機関といえども法律規..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。