日大通信 商法【0140】2分冊 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,165
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 商法【0140】2分冊 合格レポート
    課題:取締役会設置会社において業務執行に対する監督・監査の実効性を図るため、会社法ではどのような制度を設けているかについて述べなさい。


    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 商法【0140】2分冊 合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    課題:取締役会設置会社において業務執行に対する監督・監査の実効性を図るため、会社法ではどのような制度を設けているかについて述べなさい。
    【本文ここから】
    ・はじめに
     わが国の一般的な株式会社は、会社の最高意思決定機関である株主総会において、基本的事項の決定権のみを残し一般的な業務執行を取締役会に委任している。このため取締役会は、業務執行に関して広汎かつ強大な権限をもつことになる。そうなれば、取締役会を構成する取締役がその権限を濫用したり、あるいは職務を懈怠して会社に損害を与える場合がある。このため、取締役がきちん..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。