日大通信 国際経済論【0737】メディアMA(最終試験)合格レポート

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数512
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 国際経済論【0737】メディアMA(最終試験)合格レポート

    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 国際経済論【0737】メディアMA(最終試験)合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    【本文ここから】
    設問1 戦後の国際通貨制度の特徴およびシステムの抱えている基本的な問題点について
     戦後の国際通貨制度の特徴は、為替の安定を目的としてブレトン・ウッズ体制で成立したIMF(国際通貨基金)が本来の中核機関であったはずが、実質的にはアメリカ主導の通貨制度であったことである。すなわち、この状況下での通貨体制は金の裏付けであるドルとIMF平価で結びつけられたため、米ドル=金の構図であり、事実上の米ドル本位制を意味するものであった。同体制下では金の交換対価である米ドルが世界の諸外国に過剰に溜まる一方で、アメリカでは金の保..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。