日大通信 憲法【0121】メディアMB(最終試験) 合格レポート

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数436
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 憲法【0121】メディアMB(最終試験) 合格レポート


    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 憲法【0121】メディアMB(最終試験)合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    【本文ここから】
    問題1:裁判所は具体的事件性・争訟性がなくても違憲審査権を行使することができるか。
    日本国家の統治権のひとつである司法権は、日本国憲法で最高裁判所、下級裁判所に属するものとして定められている。なかでも最高裁判所は、憲法上の機関として重要な役割をもつ司法権の最高機関である。また、憲法第81条に明示されているとおり最高裁判所は法令審査権、すなわち違憲審査権を有する終審裁判所である。ここでの問題は、最高裁判所に認められた違憲審査権が、具体的事件性・争訟性を前提とした「司法裁判所型」であるか。あるいは、抽象的違憲審査をも可能..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。