日大通信 交通論【0827】1分冊 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数393
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 交通論【0827】1分冊 合格レポート


    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 交通論1分冊 合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    【本文ここから】
    ・はじめに
     従来までの日本は、観光産業が経済振興のための手段として高く評価されることはなかった。しかしながらバブル経済の崩壊以後、国民の価値観は少しずつ変化をみせることになる。それまでの日本人の価値観は、先進国に追いつくため「懸命に働くこと」こそ美徳とされ、戦前であれば「天皇のため」「お国のため」といったように、常に何かのために働いてきたのである。いわば観光や余暇の過ごし方などは国家的にも考える必要がなかったのである。バブル崩壊後の長引く不況下で、経済復興の突破口が模索され諸外国に比べて未だ十分に開発されていない観光部門は強い関心を集めた。その..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。