日大通信 刑事訴訟法【0163】2分冊 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数228
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 刑事訴訟法【0163】2分冊 合格レポート
    課題:刑事手続における令状主義について概説した上で、その例外にあたる制度を挙げ、それぞれの制度について概説せよ。

    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 刑事訴訟法【0163】2分冊 合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    課題:刑事手続における令状主義について概説した上で、その例外にあたる制度を挙げ、それぞれの制度について概説せよ。
    【本文ここから】
     ある事件が発生した際の刑事手続の流れは、起訴を含む捜査と公判とに分かれるが、犯罪事件の犯人を明らかにするため、まず捜査によって証拠収集をおこない犯罪事実を確定させるべく手続きをおこなうことになる。この捜査の方法には、任意捜査(任意の出頭・取調べ・実況見分・聞込み・尾行・張込み等)と強制捜査(逮捕・勾留・捜索・差押等)があり、両者の活動に関する基本的な主義または原則として、任意捜査の原則、強制処分法定主義、令状主義..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。