日大通信 刑事訴訟法【0163】1分冊 合格レポート

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数208
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ■日大通信 刑事訴訟法【0163】1分冊 合格レポート
    課題:自白に対する法則規制としての自白法則と補強法則について概説しなさい。

    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■日大通信 刑事訴訟法【0163】1分冊 合格レポート
    ※当レポートは実際に私が合格したものですが、あくまで参考程度としてお使いください。丸写しなどはお避けください。ノークレームの自己責任でお願いします。
    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
    課題:自白に対する法則規制としての自白法則と補強法則について概説しなさい。
    【本文ここから】
    自白とは、被疑者および被告人が自己の犯罪事実の全部またはその主要部分を認めるもののことであり、公訴事実と多少の食い違いがあっても主要部分を認めれば自白となる。よって、被告人の供述は自己の有利・不利に関わらず極めて重要な情報源である。刑事訴訟法(以下刑訴法)317条では証拠裁判主義を宣言しており、自白は古くから「証拠の女王」と重んじられてきた。そのため捜査機関では、たびたび拷問や強要という手段によって自白を獲得してきたのである。こうした問題を解決するため..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。