弾性係数

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数328
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    実験測定材料金属試験理由限界

    代表キーワード

    弾性係数

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    歯科医療工学実習レポート
    ~弾性係数~
    <実験目的>
    Searle(サール)の装置による数種類の金属ワイヤーの弾性係数(ヤング率)を測定する。
    <実験結果>
    1.真ちゅう線
    荷重
    マイクロメータZn
    マイクロメータZ'n
    1
    7.89
    7.88
    2
    8.05
    8.06
    3
    8.24
    8.21
    4
    8.35
    8.38
    5
    8.5
    8.53
    6
    8.65
    8.65
    荷重
    平均値 Ln
    荷重
    Ln
    Li+3-Li
    1
    7.885
    4
    8.365
    0.48
    2
    8.055
    5
    8.515
    0.46
    3
    8.225
    6
    8.65
    0.425
    これにより平均値⊿L=0.45となり3Kg当たりの伸びが求められた。ヤング率は
    ≒113GPa
    誤差は
    ≒9GPa
    2.銅線
    荷重
    マイクロメータZn
    マイクロメータZ'n
    1
    7.54
    7.58
    2
    7.71
    7.78
    3
    8
    7.96
    4
    8.05
    8.14
    5
    8.25
    8.3
    6
    8.45
    8.45
    荷重
    Ln
    荷重
    Ln
    Li+3-Li
    1
    7.56
    4
    8.095
    0.535
    2
    7.745
    5
    8.275
    0.53
    3
    7.98
    6
    8.45
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。