教育方法学テスト対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数499
ダウンロード数74
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    明星大学通信 《過去問》教育方法学Ⅰ
    《1》
    1.系統学習の長所と短所を具体的な視点を加味しながら整理しなさい。
    →系統学習は、知識や教材を中心とする学習方法である。この学習方法は、短時間に大人数の学習者に共通の知識を育成できるため、学校の一斉学習に適している。また、教師側が題材を選択する必要もなく、教師の負担も軽減できる、という長所がある。
     一方で、単なる詰め込みの注入主義に陥り、学習内容が系統的な順序に基づいているため、学習者の思考や個性を育てないという短所もある。学習の速度に適応できれば効果を上げることができるが、取り残されると落ちこぼれを生み、不登校の要素にも結び付く。そして、知識量を示す試験結果が、基準や評価となり、序列を生みだし、学歴編重主義や受験至上主義による競争を導いてきたとも言える。
    2.教育活動における評価の課題について解説しなさい。(2006.5札幌・2009.12日野)
    →教育の場で行われる評価は、学習者の成績だけを意味するのではなく、教育の目標・内容・方法などについての反省と改善の意味も含んでいる。教育という営みには、必ず目標があり、目標を達成するために、計..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。