中世英国のユダヤ人

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数181
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一章 中世英国のユダヤ人
                              
                                   
                               
                                  
    1、イギリス入国
     ○ユダヤ人とは誰か 
       ユダヤ人→形質人類的概念である人種、歴史的・文化的概念である民族のいずれによっても分類不可能な集団
             *独自の集団として分類する場合、最も有効な規定概念は、宗教
       「ユダヤ人とは誰か…??」
        →「ユダヤ教という宗教を基軸としながら、人種、民族、言語、国籍の枠組みを越えた緩やかな文化的連合体」という曖昧な答え
        >>ユダヤ教の法規(ハラハー)…ユダヤ人とは「ユダヤ人の母親から生まれたもの、或いはユダヤ教に改宗したもの」と規定 
                      
       一方において血統主義に立脚しながらも、他方において誰でもユダヤ人になりうることを認めている点で、論理的矛盾を露呈している
     ○反ユダヤ主義の起源
       ユダヤ人へ抑圧を生んだ要..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。