韓国の介護問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数409
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    韓国の介護問題~異文化の介護問題とは~
    はじめに  
    厚生労働省による人口動態によると、2001年に届けを出したカップルは約80万組で、そのうち国際結婚をしたカップルは約4万組で、20組に1組が国際結婚したことになる。2000年の国際結婚をしたカップルは約3.6万組なので、2001年は対前年比9.6%ほどの伸びとなった。  外国人との結婚のうち妻(外国人)、夫(日本人)の組み合わせが約8割を占めて、国籍別では、中国が最も多く43.6%で、フィリピン22.4%、韓国・朝鮮が19.4%と続き、夫(外国人)、妻(日本人)の組み合わせは約2割で、内訳は韓国・朝鮮が42%、アメリカ21%、中国12%である。
    このことからも分かる通り、国際結婚が増えていて、その中で日韓カップルが占める割合は高い。日本女性の夫となる外国人1位は韓国・朝鮮人であり、実際私の彼氏も韓国人である。私を含め、私の知り合いにも結婚はまだであっても、日韓カップルは多い。そういったカップルはゆくゆくはどちらかが自分の国を離れ、相手の国に行かなくてはならない。そうした場合、相手の親の介護問題に直面した時、自分の国の事情とは違うこと..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。